秦野聖ルカ教会では現在、更に豊かな礼拝と地域への奉仕のために聖堂にパイプオルガンを設置する計画を持っています。
イタリアのパイプオルガン公房、ゼーニ社とパイプオルガン制作の契約を結び、2021年冬ごろの設置を目標に現在パイプオルガンが
制作中であります。どうか、教会はもちろん秦野の豊かな文化生活のために役立つパイプオルガンができますように、皆様のお祈りと
ご支援をお願いいたします。




秦野聖ルカ教会に設置される予定のパイプオルガンのイメージ















パイプオルガンの木管パイプの板の裁断が始まりました。 後ろに移っている木材の山が大元の素材の木です。














ゼーニ社のアンドレア・ゼーニ社長です。モニターに映っているのは秦野のパイプオルガンの設計図かな?

PageTop